前へ
次へ

女性がお部屋を探すときは同性のスタッフに相談しよう

女性が一人で暮らすために賃貸物件を探すときは、不動産会社の女性スタッフに相談するとよいでしょう。
女性スタッフなら、同じ女性の目線で安全に暮らすことができる物件をピックアップしてくれるからです。
不動産会社に行く前に電話で予約を入れて、女性のスタッフに相談したい旨を伝えましょう。
さらに、予約をする際にエリアや予算、間取りなど、具体的な要望を伝えておけば、来店する前に条件に近い物件を用意してくれているので、お部屋探しの時間を節約できます。
気になる物件を紹介されたら、すぐに内見に行きましょう。
このとき、セキュリティー面やお部屋の広さ、収納スペースの数など、細かな点まで自分の目で確認すると安心です。
また、女性の場合は靴箱の高さも必ず確認することが大切です。
靴箱の高さをきちんと確認しておかなければ、入居してからブーツやレインブーツが入らないといったストレスになりかねません。
玄関を入ったら、扉や鍵だけではなく、靴箱にも注目してみるとよいでしょう。

Page Top